雨の日の憂鬱を吹き飛ばして楽しく過ごす少しの工夫

雨の日はつい憂鬱になってしまい、気分が下がってしまうという人がいます。
ところが、少し工夫することで、雨の日が特別になったり、待ちどうしくなったりします。
そこで今回は、雨の日が憂鬱になってしまうという人のために、参考になるような少しの工夫を提案したいと思います。

まずは、雨の日のテーマを自分なりに決めてみましょう。
「雨の日は”〇〇”」という風に、”〇〇”に入ることを考えます。
例えば、「雨の日は”モノトーン”」にテーマを決めるとすると、
出掛ける時の雨具や服装はモノトーンにまとめて、白黒映画をみて過ごし、
デッサンを描いてみたり、白と黒の食材を使ってレシピを絞ったりします。
テーマを決めることで、雨の日にすることが決まり、スムーズに過ごせますし、
それを楽しむだけで次の雨が待ちどうしくなったりして、雨の日が今までよりも少し特別なものになっていきます。

また、雨の日は雨音を楽しめる唯一の日です。
雨音に耳をすませて、雨の音楽を聴いてみるのも楽しくなります。
また、雨の日に聞きたい曲を集めて再生リストを作るのもオススメです。
雨の景色に馴染む曲や、雨の景色を吹き飛ばす曲など、雨について考える日にしても楽しくなります。

このように、雨の日は少しの工夫で特別で楽しいものになっていきます。
今まで憂鬱に過ごしていた人も、自分なりに少し工夫をしてみて、雨の日を楽しく過ごしてみて下さい。