アニマル細胞の要素について修練をしていました

アニマル細胞について勉強しました。中央カラダは、細胞解体に関係します。アニマル細胞で発達します。細胞クオリティ基質は、連続の地だ。ルーツは、染色カラダをふくみます。ゴルジカラダは、分泌タイプの開設だ。細胞膜は、半透性を有する膜だ。次は、細胞解体についてだ。細胞解体によって細胞の値がふえ、それらの細胞が大きくなるため生物は成長します。中央期は、細胞の肥大で遺伝子が製作されます。前期は染色カラダが生じ、縦にさけます。仁・ルーツ膜が消えます。中期は染色カラダが一列に並ぶ、染色カラダに紡錘糸がつきます。後期は紡錘糸によって、染色カラダが両端に引っぱられて解体決める。終期は染色カラダや紡錘糸が消え、2個の初々しいルーツができます。中断期は細胞クオリティも2つに分けられ、細胞解体が完了します。有性生殖は、雌雄によって子孫を残すしくみだ。無性生殖は、雌雄に関係のないふえ人だ。両親と乳幼児で染色体の値は等しくなります。形質を出す遺伝子は、染色体の中にあります。思い出深いなと想うふれこみが出てきました。