夜景を眺めながら、独自と対話する年の瀬の夕刻

——品川の事務所ストリートは普段よりもお客様が短く、何やら新鮮なパノラマだった。
ちょこちょこぽつりぽつりと視線に入り込んでくるのは、とぼとぼと歩いている今一つフリーランスか、或いは行き場のないホームレス風のパパたちだけです。
ボクはとっくに、それらのパノラマを目の当たりにしたところで何の情緒も抱かなくなっていた。
今年も、結果自らここまで遠出してきてしまった。
ボクはストリートの置き場にある巨大なモールのエレベーターにのぼり、上層階層へと上って出向く。
駅前の就労宿屋に比べると、その自宅はわりかし陳腐な物体だったが、かと言ってそこまで古い風情でも無く、下界を見渡すにはパーフェクト点だった。
そして、そこから見下ろすことのできる夜景は一切「人類」によって形作られておる。
異例など存在し得ない。そういった、私の目の前に思え込んで来る夜景というのは非現実的なまでに実存的パノラマだった。
肌身を以て、それを実感した際ボクは、とあるひとつの回答を導き出した。
仮にまた、この先の人生で、歩廊を踏み外して独りで歩んでゆく幸運になろうとも、生きている以上、こういう大切の輝きだけは無くすまいと——。