株が上がった下がったと言って多くの個人投資家は右往左往しています

株が上がった下がったと言って多くの個人投資家は右往左往しています。現物株式しか保有していない個人投資家ならばそれほど右往左往しなくてもよさそうなものだと私は思ってしまうのですが、そうもいかないようです。
私は個人のブログはエンターテイメントとして見るのにはいいのかもしれませんが、それを指南先としてみることは同意しかねます。
なぜならば、投資ブログを書いている人で多くのアクセスを稼いでいるサイトというのは所詮はアフィリエトで何らかの収益を得ているのはいいとしても普遍的なことを書いていないからです。
まあ、所詮は投資というの偶然性に大きく左右されるものなのでそこには普遍性はないからです。
かつて私が大学にいた頃、大学で数学を研究していた友人に「株式投資で何か使えそうな数学ってある。」と聞いたことがありますが、彼は「そんなものがあったら、うちの教員たちは大学に勤めていないで億万長者になっているよ。」と呆れ顔で言われたことがあります。ミュゼ 半額